中間処理(産業廃棄物)|事業系一般・産業廃棄物収集運搬業・清掃作業<東京23区・神奈川県・横浜市・川崎市>三友環境サービス株式会社

三友環境サービス株式会社
産業廃棄物の中間処理業務

工場等から排出された産業廃棄物を処分する方法としては、「中間処理」と「最終処分」に大別されます。産業廃棄物を最終的に埋立処分(これを「最終処分」といいます。)する前に、あらかじめ焼却や破砕することを指します。
産業廃棄物中間処理とは、最終処分を行うために、脱水や焼却、中和等を行うことをいいますが、中間処理にはまず、廃棄物の分別や、粉砕による減量化が必要です。なお、中間処理後に再生品としてリサイクルできるものについては、(再生)製品として売却されています。

適正な廃棄物処理

排出された廃棄物から、木材、鉄、アルミ、ガラスや紙等、再資源として有効利用可能なものを選別、回収します。またリサイクルできないものに関しては、最終処分場に送る前に、のちの自然環境に害や悪影響を及ぼさないよう、破砕作業を行います。リサイクルの効用としては、資源やエネルギー節約だけでなく、ごみの減量化による環境保全、ごみ処理費の節約、経済活動の活性化などが挙げられます。

適正な廃棄物処理
圧縮処理
圧縮処理された金属くず等は天候会社へ運ばれ、リサイクル利用されています。
金属くずのプレス機は、最大20リットル缶までプレスできます。1回のプレス作業での処理能力は、スチール缶約600個→約24kg、アルミ缶約600個→約12kg、20リットル缶約12個→約15kg。インゴットのサイズはほぼ一定で、持ち運びやすく、積載しやすい。
圧縮処理
圧縮処理
圧縮処理