コンプライアンス|事業系一般・産業廃棄物収集運搬業・清掃作業<東京23区・神奈川県・横浜市・川崎市>三友環境サービス株式会社

三友環境サービス株式会社
コンプライアンス

三友環境サービス株式会社は、社会的責任に対する考え方をまとめ、社員一人ひとりの意識を高める目的でコンプライアンスの徹底を図っています。

行動理念

「法と社会的規範の遵守」を絶対条件として、事業活動を通じ、広く社会に優れた価値を提供していくことが私達の存在意義であり、さらに、社会環境、自然環境に与える影響を常に熟慮し、「社会の調和」を図り快適かつ安全な総合サ−ビスを提供することが「企業市民」としての使命であります。

◆1.「法と社会規範」の遵守

(1)公正な活動 「遵法精神」と「社会的良識」に基づく活動
(2)開かれた企業 適時性を持った企業情報の開示

◆2.「社会」との調和

(1)環境保全 環境基本方針の実践
(2)社会貢献 「企業市民」としての責務

◆3.「人権」の尊重と公平・平等

行動基準

私達一人一人は、常に厳しい自己規制、倫理観を日頃から追求し、いかなる状況においても「企業市民」としての観点から行動し、広く社会から真に「信頼」される企業でなければなりません。
これが社会に対する義務であり、私達はなににもましてこのことを行動の原点と致します。

◆1.「信頼される行動」

(1)プロフェッショナル 全ての行動に「プロフェッショナル」としての責任と誇りを持つ
(2)守秘義務の厳守 機密情報の保持
(3)明快な行動 自らの責任において正々堂々と行動
(4)判断基準 法の遵守と社会的良識を優先とした判断

◆2.「責任」

経営者自らが先頭に立って問題解決と再発防止にあたり、責任の所在を明確にし、厳格な処分を実施致します。

コンプライアンスの徹底

法令順守を徹底するため、コンプライアンス推進室を設置して企業風土改革に取り組んでいます。

◆1.コンプライアンス推進室の設置

コンプライアンス違反を全社的・組織的に防止していくため、コンプライアンス推進室を設置しました。合わせて「コンプライアンス・倫理規定」及び「行動基準細目」を新たに制定し、従業員がとるべき具体的な行動内容を明示した他、グループ全従業員を対象とした定期的なコンプライアンス研修を実施し、コンプライアンス意識の全社的な底上げを図っています。
また、既存の内部通報制度を活用し、違反のきっかけとなり得る事案については即時是正指導を実施します。

◆2.定期的なコンプライアンス研修の実施

従来の机上の講習会が従業員の意識に届いていなかったことを反省し、具体的な事例に基づいたケーススタディ型の研修に切り替えました。
違反行為に対する罰則やその原因を詳細に説明することで、日常業務における軽率な判断がどのような結果をもたらすことになるのかを常に考え行動するように促すなど、これまで以上に効果的なコンプライアンス教育を継続していきます。

1 「就業規則」の再確認及び周知徹底
2 「内部通報制度」の周知徹底
3 「クレーム処理管理」について周知徹底
4 社内外講師等による事例研修
個人情報保護

三友環境サービス株式会社は「個人情報の保護に関する法律」に対応した「個人情報保護規程」を制定し、個人情報体制の整備に努めています。
規程の下策定された「個人情報保護コンプライアンス・プログラム」に従い、特定部署での施錠管理、アクセス制限、作業管理手順書の作成等の安全対策を実施し、情報の漏洩防止及び不正利用を防止しています。また全従業員に対する教育訓練を行い、社内周知を徹底しています。

内部通報相談窓口

三友環境サービス株式会社は、社内における重大なコンプライアンス違反を未然に防止するため、「内部通報制度」を設定しています。これは、組織的または個人的な法令違反及び不正行為を発見した場合、もしくはそれが予見される場合に、相談窓口を通じて、全社員が直接コンプライアンス担当取締役へ連絡できるようにする制度です。
また受けた際は速やかに関係部門で問題の把握、事実調査を行い、是正措置が必要であると判断される事案については、再発防止に向けた対策を講じます。是正措置完了後は、通報者への適切なアフターフォローを行い、職場環境の整備にも配慮しています。

<内部通報相談窓口連絡先>
総務部CSR推進課課長
〒210-0854 川崎市川崎区浅野町1-12
TEL.044-355-5211 TEL.044-355-5221
FAX.044-355-5212